勉強カフェ岡山・読書会記録2017 vol.7

LinkedIn にシェア
LINEで送る

勉強カフェ・新読書会
今回は2017年7月に開催された読書会の記録です。前回は2冊の本を参加者3名で紹介できました。

・『怒るのをやめると奇跡が起こる♪ 』佳川 奈未 

・『漁港の肉子ちゃん』西 加奈子

 

まず『怒るのをやめると奇跡が起こる♪』について。
この本は毎月読書会に参加していただいている会員の方のご紹介です。今回は「怒らない」という内面の問題についての本です。「怒らない」たったそれだけで、人生がうまくいく方法を見つけませんか?という紹介から始まったこの書籍。

「怒り」という感情にフォーカスして、具体的な「怒ってしまう場面」への対応方(男女関係や仕事、日常のあらゆる人間関係など)が書いてあったり、そもそも人はなぜ怒ってしまうのかという事や、怒る事のデメリット、怒らないでいる事のメリットが紹介されています。
「怒らないでいられたら勿論素晴らしいけど、そんなに簡単なことではない」と思う人も多いでしょうが、著者の「この本に書いた事は、私自身が実践して、得た現実です!」との言葉や、文体の丁寧な気配りから、女性著者らしい、読者の感情をサポートしながら論を進めている本だなと私は感じました。

 

次に『漁港の肉子ちゃん』ですが、こちらは読書会参加2回目の女性の方から紹介していただきました。

こちらの方は「本」というものに込められた「私達の心を暖かくしてくれる大切なもの」や「内面の豊かさ、繊細さ」を大事にされる方で、以前にも重松清さんの著作や、蜜さんの日記を紹介していただきました。

小説なのであまりネタバレは出来ないのですが、強烈な個性を持つ「肉子ちゃん」と思春期でナイーブな娘の「キクりん」が漁港という舞台で周囲の暖かい人たちに囲まれながら日々を送っています。
しかし物語はキクりんの学校生活を背景にある疑問と共に進んでいきます。その疑問、問題と登場人物それぞれが向き合っている姿を見て、私達も家族愛や「幸せとは何か」を考えてしまいますね。

西加奈子さんの他の著作もオススメだそうですので、読書のきっかけになればと仰られていました。

ちなみに、上記写真に掲載されている『数学する身体』森田 真生
は前回時間の都合で紹介できなかった為、次回に紹介させて頂きます。

 

以下、本読書会の基本情報を掲載します。

勉強カフェ岡山スタジオで開催している読書会は、それぞれの方がお好みの本を持ち寄り、自由に紹介していただくという形式をとっています。他の参加者の方との雑談を通して、新たな価値や自分の今までの認識を発見するといった側面に重きを置いています。
今までの読書会では、海外文学小説、日本現代小説、エッセイ、人文系哲学新書、科学エッセイ、ビジネス実用書などが紹介されました。参加者の方は、特定のジャンルの本の紹介をしていただいてもよいですし、或いは多様なジャンルに挑戦してみても面白いかもしれません。

書籍の内容紹介、人に感想を発表するなんて大変だ、とお思いの方。

私達も手探り状態で読書会を開いていますので、まだまだ正解はありません。初参加の方も他の方の発表をみて学び、気軽に意見を交換してみましょう。

皆様の参加をお待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
開催日時: 19:00~22:00の間で2時間程度 毎月第3・4週の平日開催
開催場所:勉強カフェ岡山スタジオ内セミナールーム
定員:5名程度
参加費:会員、非会員とも無料(ただし非会員の方は時間分の勉強カフェビジター料金1,080円を頂きます)